システムインテグレーション

Rendszerintegráció

大企業においては、効果的な動作のために、全ての企業リソースを一つの中央システムにて管理する事が必要となります。形成されたERPシステム の一部も、場合によってはCAFMシステムに必要となります。

vintoCONの全ての製品 – 主要であるarchifm.netも含む – は簡単に外部システムと統合することが可能です。これが個人・コストセンターや資産の管理情報を取得することを可能としています。たとえばSAPシステムから作業指示書の情報、修繕メンテナンスの計画されたコスト情報とその他のテナント情報を他のシステムに転送することが可能です。二つのシステムにおけるインテグレーションの度合いはお客様と共に決定され、これにより、EPRシステム(たとえばSAP、Oracle ファイナンスシステム)の一部が、CAFMシステムワークフローにて管理されている定期メンテナンス計画や、グラフィックCAD図面におけるゾーン・資産管理によって機能します。

経理管理ソフトにおけるインテグレーション以上にarchifm.netはより多くの可能性、ビル管理とデータ収集システムとのインテグレーションの可能性をを提供します。ユーザーはこの種のインテグレーションから自動的な修繕メンテナンスの表示、実際のデータに基づく使用率データを取得することが可能であるため、賃貸やサービスに関わる経費の算出は現実的な数値をもとにして行われることになります。さらに、適切なシステム設定によってarchifm.netは、多くの場合に修繕作業の発生を回避することに貢献します。つまり、メンテナンス作業は現実的なデータを基に計画することが可能なため、事前の対処により、予期しないシステム停止を回避することが可能です。

ビデオでは、一例として、どのようにvintoCONのarchifm.netがDigiterra現地データ収集機を利用して、MOHAnetによって開発されたGSMを基にしたデータ集積システムと統合されているかを示しています。

archifm.net にて使用された全てのデータ範囲はMS エクセル形式に簡単に保存ができ、これによって外部のシステム間にて発生するインテグレーションが簡単に行われ、また新規の導入においても利用が可能となります。 仮に、継続的なオンラインもしくは規則的なオフラインモードにて、自動的なデータ収集を必要とする場合、vintoCONならびにパートナーが短時間で開発をいたします。